スポンサーリンク
( ´ ▽ ` )ノ ブログ村 ( ´ ▽ ` )ノ
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 観賞魚ブログへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカ・改良メダカへ にほんブログ村 投資ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村
( ^ω^ ) 人気ブログ ( ^ω^ )

【初心者必見】ゴム系接着剤の使い方とメリット・デメリット

レザークラフト
記事内にアフィリエイト広告を利用しています

今回はゴム系接着剤の使い方と
メリット・デメリットを紹介します。

私自身レザークラフトをするまでは
ゴム系接着剤と白ボンドの違いは
わかりませんでした。

ここでは初心者の方にも
少しでもわかりやすく伝えることが
できればいいなと思っています。

ここで紹介するメリットとデメリットは
私自身が感じた内容になっておりますので
1つの考えとして参考にしてください。

ゴム系接着剤とは

ゴム系接着剤はレザー(革)や
金属・木材など様々なものに
使うことができる接着剤になっています。
私自身が使っているゴム系の接着剤は

ゴム系接着剤の使い方

ここからは実際に私自身がしている
ゴム系接着剤の使い方を紹介します。
1つの考えとして参考にしてください。

ゴム系接着剤の使い方

  1. ゴム系接着剤を使って張り合わせをする
    革を手の届く範囲に置きます。
    この時にレザー(革)だけではなく
    接着剤やへらなど含め近くに置くようにして準備をしてください。
  2. 次に革の表面の処理をします。
    まず革の表面に汚れなどがないか
    確認を行い汚れやごみがついている
    場合は必ず取るようにしてください。
    表面の汚れやごみが取れたら
    接着剤を塗る場所を
    カッターナイフや革包丁で
    荒らしてください。
    荒らすことで接着剤を付ける表面積が
    増えるのでしっかりと接着することが
    できるようになります。
  3. 荒らした部分にゴム系接着剤を
    塗ります。
    この時に接着剤を厚く塗りすぎたり
    薄く塗りすぎたりせず
    均等に塗るようにしてください。
  4. ゴム系の接着剤を塗ったら放置します。
    接着剤を塗ってすぐに張り合わせを
    しないようにしてください。
    接着剤が乾いてから
    接着するようにしましょう。
    目安としては、接着剤を触って
    手にくっついたり
    べたべたしないようであれば張り合わせをするようにしてください。
  5. 接着剤が乾いて張り合わせをしたら
    しっかりと圧着をするように
    してください。
    圧着の時にローラーなどを使うことで
    しっかりと圧着することができます。
  6. しっかりと圧着することができ
    張り合わせをしたら、余分な接着剤はとるようにしてください。
    紙やすりなどで削ることでコバが
    きれいに仕上がります。

ゴム系接着剤のメリットとデメリット

ここからはゴム系接着剤を使うときの
メリットとデメリットを紹介します。
私が感じた内容になっておりますので
1つの参考としてみてください。

メリット① 強力な接着

ゴム系接着剤はとても強力に接着することができます。
先ほども紹介しましたが、
しっかりと乾かして圧着することで
しっかりとした張り合わせがすることが
できます。

メリット② 作業がスムーズ

ゴム系接着剤の種類や気温にもよりますが
比較的早く乾かすことができます。
また、乾かしている間にもほかの作業が
できるので時間が長いと感じることは
少ないです。

デメリット① 微調整が難しい

ゴム系接着剤は圧着をしてしまうと
張り合わせのし直しや
微調整が難しくなります。
はがれないことはありませんが
ちからを入れてはがすため革に傷などがつく場合もありますので
気を付けるようにしてください。

デメリット② 匂いがある

ゴム系接着剤は少し匂いがきついものが
多くあり、人によっては体調が
悪くなる人もいます。
そのため使うときには換気をするなどして
対応をしてください。

まとめ

今回はゴム系接着剤を紹介しました。
使い方は私自身が実際にしている手順になっておりますので
1つの考えとして参考にしてください。
また、メリットとデメリットも私自身が感じることになっており
参考にしてください。
私自身はゴム系接着剤はとても重宝しており
まずじっかりと張り合わせすることができるので
とてもいい商品になっていますので
1つは必ず持っておきたい道具になっています。

コメント