スポンサーリンク
( ´ ▽ ` )ノ ブログ村 ( ´ ▽ ` )ノ
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 観賞魚ブログへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカ・改良メダカへ にほんブログ村 投資ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村
( ^ω^ ) 人気ブログ ( ^ω^ )

【レザーの特徴】シボって何!?

レザークラフト
記事内にアフィリエイト広告を利用しています

レザークラフト楽しんでいますか?
シボのレザー使っていますか?

レザークラフトは様々な専門用語が
多すぎですよね!

私自身も多くありすぎて
思い出せないことがいっぱいあります。

その専門用語でシボってありますが
わかりますか?

今回は、シボの特徴などを
わかりやすく紹介していきます。

あくまでも私個人が感じることになって
おりますので1つの考えとして
参考にしてみてください。

シボって何!?

レザー(革)のシボとは、
レザーの銀面(表面)の模様や
加工によって作られた凹凸です。

シボのあるレザーは、見た目がとても美しく
手触りも独特で魅力的になっています。

シボにも大きさがあり
小さいシボから大きなシボまで
様々なサイズがあるので
ご自身の好きな大きさを
探してみるのもいいかもしれません。
また、動物の種類やレザー(革)の部位や
加工方法によってもシボが変わってきます。

シボの種類

ここからは私自身が考える
シボの種類を紹介していきます。

シボの種類① 天然シボ

天然シボは、動物の皮に自然に存在する
模様や凹凸をそのままいかした
シボになります。
天然シボの特徴としては、

  • 同じ模様がない
    1つ1つのレザーが異なる模様で
    同じ模様は1つもないのが特徴です。
  • 高級感
    天然の模様が生み出す独特の風合いで
    高級感が出ます。
  • 手触り
    自然にできたシボなので
    手触りがとてもいいです。

これが天然シボの特徴になります。
天然シボの代表的なレザーとしては
2種類あります。

1つ目がシュリンクレザーです。
牛革などを収縮させることで
シボを強調したレザーになります。
柔らかくバックなどに使われることが
多いです。

2つ目がヤギ革です。
ヤギ革は天然シボがとても豊富で
美しい模様が特徴です。
耐久性があるため、様々作品で
使われることがあります。

シボの種類① 人工シボ

人工シボは、レザー(革)の加工によって
銀面(表面)に模様や凹凸を
付けたレザー(革)になります。
人工シボの特徴としては、

  • 統一な模様
    加工によって一定のパターンを
    再現できるためレザー(革)全体
    が統一したシボの模様になります。
  • デザイン
    様々な模様を加工できるようになったため
    シボの大きさなどデザインを含めて
    個性あるレザー(革)を選ぶことが
    できます。
  • 価格
    天然シボのレザー(革)に比べると
    人工シボのレザー(革)は価格が安く
    手ごろな価格で購入することができます。

これが人工シボの特徴になります。
人工シボの代表的なレザーとしては
2種類あります。

1つ目がエンボスレザーです。
機械で押し型を使ってレザー(革)の
銀面(表面)に模様を付けたレザーに
なります。

2つ目がプリントレザーです。
プリントレザーは模様を印刷して
銀面(表面)を加工したレザー(革)に
なります。
様々なデザインやカラーがあるのが
特徴になります。

シボを使った作品

ここまでシボを紹介してきましたが
よくシボのレザーが使われている作品を
紹介します。

  • ショルダーバック
  • 財布
  • キーホルダー

まとめ

今回は、レザー(革)のシボの特徴を
紹介しました。

多くの作品で使われているシボの
レザーです。
高級感があり、手触りがいいので
ぜひ試してみてください。

コメント