スポンサーリンク
( ´ ▽ ` )ノ ブログ村 ( ´ ▽ ` )ノ
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 観賞魚ブログへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカ・改良メダカへ にほんブログ村 投資ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村
( ^ω^ ) 人気ブログ ( ^ω^ )

【初心者必見】レザークラフトと裁縫の針の違い

レザークラフト
記事内にアフィリエイト広告を利用しています

私自身もレザークラフトを始める前までは
レザークラフトと裁縫の針は同じものだと思っていました。

実際にレザークラフトを始めると
針が全然違いました。
その経験から初心者にもわかりやすく
針の違いを説明します。

針の種類

レザークラフトの針

裁縫の針

レザークラフト・裁縫の針の違い

ここからは実際にレザークラフトと
裁縫の針の違いをそれぞれ説明
していきます。
レザークラフトの針と裁縫の針のそれぞれの
特徴をしっかりと確認しましょう!!

形状とサイズ

レザークラフト用の針は基本的に
丸みを帯びた形状になっています。
それに対して裁縫用の針は、
細く先端がとがった形状をしています。

すべての針がそうではありませんが
レザークラフト用の針の特徴としては
太くて長いものが多くつかわれており
裁縫用の針は細く短いものが
多く使われています。

強度と耐久性

レザークラフトでは、革の厚みや硬さに
合わせて強度がある針が必要になります。
菱目打ちで縫い穴をあけても強度が
必要になります。

そのためレザークラフトの針は
裁縫の針に比べると強度が高く、
耐久性があるように作られています。

ペンチ等で針をひっぱらないと
いけない時があるので、レザークラフトを
楽しむ時にはレザークラフト用の針を
使うようにしてください。

針先の特性

先ほども少し触れましたが
レザークラフトの針は針先が丸くなっているのが特徴です。

なぜ丸くなっているかというと

  • 革に傷が極力つかないようにする
  • 強度を上げるため
  • 針先が折れないようにするため

になります。
菱目打ちで縫い穴をあけているため
針先がとがっている必要がありません。

仮に針先がとがっていると
硬い革を縫うときに
針先が折れてしまうことがあるため
強度を保つため、先端が丸くなっています。

使用用途の違い

レザークラフト用の針は
革同士を縫い合わせたり
刺繍などをするために使われます。

裁縫用の針は、布地を縫い合わせたり
ボタンを付けたりと使用用途が違いますので
強度や形状が変わってきます。

それぞれの針の選び方

ここまで紹介した通り、
レザークラフトの針と
裁縫の針は使用用途が違います。

ここからは初心者でもわかりやすい
針の選び方を紹介していきます。

  • レザークラフト用の針は、レザー専門店やハンドクラフト用専門店で
    購入することができます。
    使う革の硬さや厚さにあった針を選ぶようにしましょう。
  • 裁縫用の針は、一般的に手芸店やホビーショップで購入することができます。
  • 最初から多くの針を購入するのではなく
    数本から購入して試してみることが大切です。
  • 実店舗で購入する場合は、針先をしっかりと確認するようにしましょう。
    私自身間違えて裁縫用の針を購入したことがあります。

まとめ

今回は、レザークラフトと
裁縫の針の違いを説明しました。
針先や形状・サイズ・強度などの
違いがあります。

レザークラフトの針は、
針先が丸く強度がある針になっています。

間違って裁縫の針を購入しないようにしてください。

コメント