スポンサーリンク
( ´ ▽ ` )ノ ブログ村 ( ´ ▽ ` )ノ
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 観賞魚ブログへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカ・改良メダカへ にほんブログ村 投資ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村
( ^ω^ ) 人気ブログ ( ^ω^ )

【初心者必見】レザークラフト縫い穴あけテクニックの注意点

レザークラフト
記事内にアフィリエイト広告を利用しています

レザークラフトにおいて、
縫い穴をあけることは
ほとんどの作品であると思います。

特に菱目打ちやヨーロッパ打ちといった
縫い穴あけテクニックは、
作品の出来栄えやデザイン性と強度を
両立させるために使われます。

この記事では、初心者の方でも
わかりやすくレザークラフトでの縫い穴開けテクニックの注意点を紹介します。

縫い穴をあける道具

布の裁縫であればそのまま針で縫えますが
レザーは硬いためそのまま縫うことができません。

そのため縫い穴をあけて縫って
いかなければなりません。
縫い穴をあける道具としては、
菱目打ちとヨーロッパ打ちが
多く使われています。

菱目打ち

ヨーロッパ打ち

菱目打ちとヨーロッパ打ちの違いは
以前ブログで紹介しているので
参考にしてください。

菱目打ちとヨーロッパ打ちの違い

縫い穴をあけることで
革に傷がついたりすることなく
縫うことができます。

縫い穴あけの注意点

ここからは実際に縫い穴をあけるときの
注意点などを紹介していきます。

注意点① 適切な道具の選択

革に縫い穴をあけるには
適切な道具を使う必要があります。

糸で縫うのに紐を縫う穴をあけてしまったり
してはいけません。
革に縫い穴をあけるには
適切な道具を使う必要があります。

糸で縫うのに紐を縫う穴を
あけてしまったりしてはいけません。

そのためしっかりと糸で縫うようの穴を
あけるようにしましょう。

注意点② 穴の間隔と一貫性

縫い穴の間隔を一定にすることで
作品がきれいに仕上げることができます。

縫い穴がここは3mmの幅だが
次の穴は5mmになったりすると
出来栄えがあまりよくないです。

そのため縫い穴をあけるときには
間隔をしっかりと確認しながら
あけるようにしてください。

革に対して菱目打ちとヨーロッパ打ちが
90度になるようにまっすぐ立てて
打ち込むことで均等な縫い穴を
あけることができます。

曲がってしまうと縫い穴の幅が
ずれることがあるので
気を付けるようにしましょう。

注意点③ 縫い穴の深さ

縫い穴の深さも均一であることが
重要になってきます。
縫い穴の深さが深すぎると
革に傷が入ってしまったり
糸が浮いてしまうことがあります。

また、逆に縫い穴が浅すぎると
糸が外れやすくなったり、
切れてしまうことがあります。

練習を何度も行い、適切で一定の深さで
縫い穴をあけれるようにしましょう。
いきなり本番をしたらだめですよ。

注意点④ 革へのサポート

縫い穴ばかり意識しすぎて
革を傷つける場合があるので
革へのサポートも重要になってきます。

革は硬いため縫い穴をあけるには
菱目打ちやヨーロッパ打ちを使って
木槌でたたいてあけます。

抜くときに無理やり引っ張るのではなく
革をしっかりと抑えて菱目打ちや
ヨーロッパ打ちを抜くようにしてください。

縫い穴をあける部分は裁断面に近いため
無理やり引っ張ると切れてしまう場合が
あります。

しっかりと手を添えて菱目打ちや
ヨーロッパ打ちを抜くようにしてください。

注意点⑤ 正確な穴の位置

菱目打ちやヨーロッパ打ちを使うときに必ず
ガイドラインを引くと思います。

ガイドラインを引き道具は
ディバイダーになります。

ディバイダ

ディバイダーでガイドラインを引く前に
コバ(裁断面)が直線になっていることを
確認してください。
コバ(裁断面)がデコボコだと
ガイドラインの線もデコボコに
なってしまいます。

このガイドラインを綺麗に引くことで
綺麗なスティッチができるようになります。

まとめ

レザークラフトにおいて、
縫い穴をあける技術は重要な要素です。
初心者の方でも今回紹介した注意点を
気を付けながら菱目打ちやヨーロッパ打ちを
使うようにしてください。
私自身もまだばらつきがあり、
練習していますので
一緒に頑張っていきましょう。

コメント