スポンサーリンク
( ´ ▽ ` )ノ ブログ村 ( ´ ▽ ` )ノ
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 観賞魚ブログへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカ・改良メダカへ にほんブログ村 投資ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村
( ^ω^ ) 人気ブログ ( ^ω^ )

【組み合わせは自由!】レザークラフトの糸の色とレザーの組み合わせ

レザークラフト
記事内にアフィリエイト広告を利用しています

レザークラフト楽しんでいますか?
糸とレザー(革)の色選んでいますか?

前回は糸の太さで同じ型紙でも
作品の印象が変わることを紹介しました。

今回は、糸の色とレザー(革)の色の
組み合わせを紹介したいと思います。

私自身は、最初は同じ色で作成することが
多かったです。
これはデザインとかではなく
まだ縫い目に自信がなく
できるだけ目立たないように
糸とレザー(革)を同じにしていました。

いろいろな色を組み合わせることで
個性豊かな作品を作ることが
できるようになります。

あくまでも私個人が感じることになって
おりますので1つの考えとして
参考にしてみてください。

色の組み合わせ

ここからは実際に私自身が考える
糸とレザー(革)の組み合わせを
紹介します。

色の組み合わせ① コントラスト

コントラストを活かす方法になります。
コントラストとは対照的な色を使って
作品にアクセントを加えます。

例えば、黒色のレザー(革)に
色の糸で縫って、
縫い目を目立たせたりします。

このように対照的な色を使うことで
作品全体がカジュアルになります。

色の組み合わせ② トーン

トーンは調和を活かす方法になります。
トーンを活かす方法とは
糸の色とレザー(革)の色を
できるだけ同じ色にすることです。

例えば、赤系のレザー(革)を使って
作品を仕上げるときに
赤の糸を使って縫っていくことです。

このトーンで赤系のレザー(革)と
赤系の糸だと温かみのある作品が出来上がり
また、青系のレザー(革)と青系の糸だと
クールな作品を作ることができます。

使う色によって
作品の印象が全然変わってきます。
いろいろと試してみてください。

色の組み合わせ③ モノトーン

モノトーンはレザークラフトで
一番多く使われている
色の組み合わせかもしれません。

黒系のレザー(革)に黒系の糸を
合わせた作品がモノトーンになります。

縫い目がほとんど目立たずに
作品全体がシンプルに仕上がります。
モノトーンの組み合わせは
シンプルな印象を与えてくれるので
ビジネスシーンやフォーマルな場面でも
使うことができます。

まとめ

今回は、レザー(革)と糸の
色の組み合わせを紹介しました。
様々な色の組み合わせをすることで
個性豊かな作品をつくることもできますし
お気に入りの色を使って作品を
作り上げることができます。

私自身最近やっとコントラストで
作品を作るようになりました。
それまでは縫い目に自信がなく
トーンやモノトーンで作品を
作ることが多くありました。

コントラストを使うことで
作品の印象ががらりとかわり
作品作りがとても楽しくなります。

ぜひ参考にしてみてください。

コメント